イジメやハラスメントが多い職場の問題

 社会人が職場で問題を抱えているときには、解決するための方法や不快に感じていることを相手側に伝えることが重要です。
職場内で大きな問題になるものにイジメがありますが、これが横行すると社員を委縮させることにつながります。
イジメを放置しておくと社内での営業成績にも大きな影響を与えることが多く、人間関係が悪化していると仕事を進めるうえで上手くいかない要因になってしまうでしょう。

 また、イジメの他にも近年において増加の傾向にあるのが、ハラスメントの問題です。
ハラスメントはセクハラやパワハラ、モラハラなどに分類することが可能ですが、女性社員がターゲットになりやすいものがセクハラです。
必要以上に体を触ったり、性的な言葉によるハラスメントは特に多いようですが、上司からセクハラを受けると、抵抗することが難しくなる女性社員は少なくないと言われています。

 一方、パワハラに該当するものは、人間性の否定や、尊厳を傷つける言動のことを指します。
上司が職場での地位を利用して行うケースが多く、業務の範囲外のことを指示することや、仕事内でのミスを過剰に叱責することも該当します。
そしてモラハラの場合は、身体的な特徴や当事者がコンプレックスに感じていることを意図的に指摘する行為や、仕事の責任を一人に対して過剰に浴びせてくるなどの行為があります。
仕事とは関連性のないプライベートな出来事についても批判するケースがあり、これらのハラスメント行為はイジメにもつながりやすくなります。
ですから、上記のような被害に遭っている人は、泣き寝入りすることなく、しっかりと対応することが大切です。